Top >  1992年 バルセロナ >  小川直也

小川直也

小川直也選手について

 高校生から柔道を始めて、柔道暦4年で世界選手権で優勝するという、柔道家として並外れた素質を持っており、全日本柔道選手権でも、山下泰裕選手に次いで、7回の優勝という実績を誇っています。 柔道選手としては1997年に引退、以後はプロレスラーとして活躍しています。 プロレスでもSTOや裸絞めなど、柔道の技や、それを発展させた技を得意としています。 「ハッスル。ハッスル。」というパフォーマンスで知られています。 動画はバルセロナオリンピックの決勝の様子です。

小川直也選手のオリンピックでの成績

1992年 バルセロナオリンピック 無差別級 銀メダル
1996年 アトランタオリンピック 95kg超級 5位

小川直也選手の国際大会での主な成績

1987年 世界柔道選手権 無差別級 優勝
1989年 世界柔道選手権 95kg超級・無差別級 優勝
1991年 世界柔道選手権 無差別級 優勝

生年月日

1968年3月31日

出身地

東京都杉並区

 このサイトで紹介しているオリンピック柔道選手の動画は「YouTube」で公開されているものです。 また、柔道選手に関するデータやコメントは「ウィキペディア」を参考に編集しています。 掲載基準は、日本人選手はオリンピックでメダルを獲得した選手、外国人選手はオリンピックで金メダルを獲得した選手のうち、柔道の試合の映像が確認できたものに絞っています。 なお、2回以上オリンピックに出場している選手は、出場した全てのオリンピックのカテゴリーに分類しています(ただし、動画は同じものです)。 編集内容の正確性には最新の注意を払っておりますが、誤記等あればコメント欄にてご指摘いただければ幸甚です。

 当サイトはリンクフリーですので、ご自由にリンクしていただいて結構です。 ただし、記事の無断転載はご遠慮いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。