Top >  1964年 東京 >  岡野功

岡野功

岡野功選手について

 体重80kg未満という体格にもかかわらず、1967-1969年の3年間連続で体重無差別の全日本選手権の決勝にまで進んでいる(うち優勝2回)という、「柔よく剛を制す」の柔道の精神を体現した選手でした。 背負投、一本背負投、締め技を得意とする技巧派です。 動画は東京オリンピックの決勝戦です。

岡野功選手のオリンピックでの成績

1964年 東京オリンピック 中量級 金メダル

岡野功選手の国際大会での主な成績

1965年 世界選手権 中量級 優勝

生年月日

1944年1月20日

出身地

茨城県龍ケ崎市

 このサイトで紹介しているオリンピック柔道選手の動画は「YouTube」で公開されているものです。 また、柔道選手に関するデータやコメントは「ウィキペディア」を参考に編集しています。 掲載基準は、日本人選手はオリンピックでメダルを獲得した選手、外国人選手はオリンピックで金メダルを獲得した選手のうち、柔道の試合の映像が確認できたものに絞っています。 なお、2回以上オリンピックに出場している選手は、出場した全てのオリンピックのカテゴリーに分類しています(ただし、動画は同じものです)。 編集内容の正確性には最新の注意を払っておりますが、誤記等あればコメント欄にてご指摘いただければ幸甚です。

 当サイトはリンクフリーですので、ご自由にリンクしていただいて結構です。 ただし、記事の無断転載はご遠慮いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。